換気扇の音がうるさいときは

キッチン、トイレ、バスルームなどの換気扇から異音がするとき、原因によって修理する方法はいくつか考えられます。まず羽根にゴミや油が付着しているときは、取り外してクリーニングします。モーターの軸受けにホコリが溜まっているときは、掃除機で丁寧に吸い取れば音は小さくなります。軸受けのベアリングが磨り減っている場合は、高粘度の潤滑油をさすか、同じサイズのベアリングをホームセンターで買ってきて交換する方法があります。ただし換気扇の分解掃除は、慣れない人には結構大変な作業です。注油しても改善されない場合は、老朽化により部品が外れたり壊れたりしている疑いがあります。このときは新品に取り替えるのが早道です。音がうるさいだけでなく、焦げくさい臭いがする場合などは、危険ですから可能な限り早く交換したほうがよいでしょう。

換気扇の音がうるさいときの対処法

換気扇の音がうるさいのであれば次の可能性が考えられます。①モーターの潤滑油がなくなってこすれている。②モーター自体がもう劣化しきっていて、使用可能な状態ではない。主にこの二つのことが考えられます。他にも③掃除がされていなくて何かが詰まっている。なども考えられますが、やはり①の潤滑油がなくなっているのが一番多いです。具体的に何をするかと言うと、モーターの目視で回転していることがわかる軸または棒の付け根あたりに潤滑油を流し込みます。潤滑油についてはできれば、スプレー式で細いところにも差し込める物がついている物のほうが作業はしやすいと思います。上記の事を実行してもだめでも、モーターを分解したりしないでください。高圧の電気が流れている可能性があります。換気扇を買ったメーカーの問い合わせ口に電話を入れてください。

トイレの換気扇の音がうるさいと感じたら

我が家は築10年の分譲マンションです。10年もすると家のどこかしこが、いたんでくるものです。先日トイレの換気扇の音が最近うるさいと感じ、もう故障で買い換えかなと思ってネットで調べると、そもそも同じ型の製品の在庫保管期間も過ぎていて全部取り替えるとなると工事費なども込で10数万円、DIYなどのHPでは自分で買ってきて取り付けることも可能と紹介されていましたが、換気扇とダクトをテープで繋ぐとの内容を読み断念。ダメ元でカバーを外してみたら、ほこりがびっくりするくらいたくさん。トイレって服を脱いだり着たりした際の糸ほこりや、トイレットペーパーをカットした際の紙ほこりなどが溜りやすいそうです。結局ファンを取り外してきれいに掃除し音は多少静かになったものの、入居当時と比べるとやはり気になります。次にシリコン系の潤滑油をファンの回転軸に差したところ効果てきめん!故障とあきらめて取り替える前に試してみてください。