換気扇の音がうるさい場合の対処法

換気扇の音がうるさいというケースには、設置当初からの場合と、設置後経年劣化により音がうるさくなっているケースとがあります。最初からうるさい場合は、元々がそのような仕様なので仕方ないのですが、当人は問題ないと思っていても、ご近所からクレームが付く事があります。実際に、飲食店がオープンしたところ、外から聞こえる厨房の換気扇の排気音がうるさく、隣の家から苦情が出たケースがあります。結局、追加工事でサイレンサーを設置して問題が解決しましたが、施工主は当初から騒音対策を考えておくべきだったと言えます。又、設置後しばらくしてから音がうるさくなった場合は、モーターやファンの不具合が考えられます。モーターはそうそう故障するものではないので、もし音が大きくなるようであれば、相当経年劣化が進んでいるに違いありません。そのような場合、発火の可能性もあるので、一式を新品交換する事が望ましいと言えます。

換気扇の音がうるさい原因は汚れかもしれません

換気扇がうまく回転しなくなった。回った時の音がうるさい。そんな状態になる原因としては、部品の摩耗の他に汚れがこびりついていることがあります。汚れが原因となっているケースは意外に多くあるようです。汚れが原因であるならば、掃除をすることによって解消することができます。洗剤は、ホームセンターなどで油汚れを落とす洗剤などが販売されています。効き目が強い分、素手で触ると肌荒れなどを起こすことがあるので手袋などを使用しましょう。台所の換気扇などは油汚れがこびりついていることが多く、つけおき洗いが有効です。しかし、長い間洗っていない換気扇の汚れはなかなか落ちないこともあります。簡単にきれいにするには、ハウスクリーニングなどの専門業者に依頼するという方法もあります。換気扇をはじめ、レンジ周りやシンクなど、台所すべてをきれいにしてもらうこともできます。

換気扇の音がうるさいならクリーニングを

どの家でもキッチンに必ず存在している換気扇、しかしこれが一体どんな風に作動しているのかまでしっかり把握しているという人は、そうは居ません。高い場所にあり、レンジフードに覆われて中が一体どうなっているのか、わざわざ外して確認しようなんて大掃除の時期でもなければ考えもしないものです。だから、異常があっても気付きにくいんです。異常に気付くのは、音がいつもに較べてうるさいなどの明確なトラブルが起こってからで、そこで早急に対応しないまま異常を放置しておけば、とうとう故障して動かなくなってしまったという事態を招きかねません。音がうるさいという場合、多くの場合は修理ではなくクリーニングでその問題を解決する事が出来ます。羽やモーターに油汚れが付着し固まった事による場合が多く、自分で換気扇を分解して掃除する事も可能ですが、自信が無い場合はハウスクリーニングなどの専門業者に依頼して掃除して貰う事もできます。